このサイトは

水高の毎日の行事、出来事やニュースをお伝えします。
 
 COUNTER 
 無料 
 無料
 無料
(2020.2.1 Sat --> 71,600~)
 
 水高日記  生徒会モットー 友愛 清新 気魄 R2生徒会スローガン 昇華
 

水高生の日々の様子をお伝えします

水高日記
12345
2021/03/01new

卒業式挙行

| by:校長
 今日の卒業式は、卒業生・保護者・来賓(PTA・同窓会)・教職員の列席により挙行いたしました。卒業生たちは予行無し・即本番で式に臨みましたが、たいへん立派な振る舞いで本校を巣立っていきました。特に今年1年間は、コロナ禍や入試制度の度重なる変更で苦労を重ねる中、へこたれず勤勉さで乗り越えてきた3年生たちでした。今後のいっそうの活躍をお祈りいたします。ご卒業おめでとうございます。

花生け

(付け足し)叶うことなら在校生も参列させたかったのですが、感染症対策のためやむを得ません。卒業式は、大人になり社会に巣立つ先輩の姿を目の当たりにすることで、後輩にも大きな成長を促す機会となります。伝統を繋ぐ意味でも大切な場であり、かつての「濃密」な卒業式を挙行できる日が早期に戻ることを願います。
12:30 | 投票する | 投票数(10) | 今日の出来事
2021/03/01new

卒業式の朝

| by:校長
 卒業式当日を迎えました。駐車場脇にはまだ雪が残りますが、爽やかな青空が広がりよい日和です。

卒業式会場
07:30 | 投票する | 投票数(5) | 今日の出来事
2021/02/28new

在校生からのメッセージ

| by:校長
 明日の卒業式は、密接場面を回避するため在校生の出席はありません。そのため、生徒会歓送会・応援団退団式を実施できないため、現執行部の生徒たちが卒業生を送るためのメッセージ動画を作成しました。明日の朝には、3年各ホームルームで映写する予定ですが、一足早く視聴させてもらいました。卒業生への感謝の気持ちを、どうにかして伝えたいという熱い思いが感じられる出来栄えです。コロナ禍による不自由さを乗り越え、素晴らしい取組をしてくれた執行部に感謝します。

卒業生へのメッセージ動画
16:00 | 投票する | 投票数(5) | 今日の出来事
2021/02/28new

卒業式準備

| by:校長
 明日の卒業式に備え、今日は登校日とし、在校生の協力を得て式場等の準備を行いました。
 卒業生の出身中学校を始め、たくさんの方々から祝詞を頂戴し、昇降口のところに掲示をいたしました。

祝詞
15:45 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2021/02/25

産技短水沢校との懇談会

| by:校長
 県立産業技術短期大学校(産技短)水沢校と高等学校長との進路に関する懇談会に出席しました。始めに産技短水沢校の施設見学をさせていただき、その後、意見交換を行いました。
 産技短には矢巾校と水沢校があり、ものづくり産業の技術者育成を柱に、"メシの食える資格"(産技短)の取得を目指し、地域産業の期待に応える教育を展開しています。県南地域の北上川流域は、県内で最も工業集積の進む地域であることは、本校でも生徒たちに伝えているところですが、こうした背景から設置された地元の水沢校について、懇談会をとおして詳しく知ることができたことはたいへん有意義でした。

岩手県立産業技術短期大学校水沢校
・設置科
 <生産技術科>金型設計・製造技術者育成
 <電気技術科>総合的な電気技術者育成
 <建築設備科>実践に即した建築設備技術者育成


15:30 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2021/02/24

ボランティアウオーク

| by:校長
 地元紙の胆江日日新聞に2日続けて本校に関連する記事を掲載していただきました。
 昨日23日は、過日実施した「県高等学校理数科課題研究発表会」の様子について、また、今日24日は、硬式野球部の「100キロボランティアウオーク」について、それぞれ生徒のインタビューを交えて取り上げていただき、ありがたく思います。

 野球部のボランティアウオークは、盛岡~水沢間を、沿道のゴミを集めながら歩き抜こうとするチャレンジで、21日(日)は盛岡市の県営野球場から花巻球場まで、23日(祝)は花巻球場から森山スタジアムを経由して本校まで完歩しました。チームの団結力を高めようとの取組に対し、すれ違う車から手を振って応援してくれる人もあり、部員たちは大いに力を得て、強い風が吹く中を頑張り抜いたようです。
15:15 | 投票する | 投票数(5) | 報告事項
2021/02/22

高校生俳句大賞

| by:校長
 神奈川大学「第23回全国高校生俳句大賞」への本校文芸・短詩部の取組と審査結果について、昨日の岩手日報紙面で取り上げていただきました。コロナ禍で活動が制限される中、地道に句会を開くなど創作活動を進めた結果で、ありたいへん喜ばしいニュースです。

全国高校生俳句大賞(神奈川大学)
<最優秀賞>
 里舘 園子さん 「待春や勝利を知らぬユニフォーム」ほか
<優秀賞>
 佐藤琳利子さん  鈴木萌晏さん  高橋咲さん  阿部なつみさん 
<団体優秀賞>
 水沢校等学校(本校含め3校)
 *俳句大賞サイトの「最優秀賞受賞者喜びの声」コーナーから、里舘さんのムービー(YouTube)が閲覧できます。
15:30 | 投票する | 投票数(3) | 報告事項
2021/02/20

防災教育フォーラム

| by:校長
 今日の午後、文部科学省の防災教育オンラインセミナーを視聴しました。東北大学の今村文彦教授の基調講演の後、パネルディスカッションのパネリストとして釜石「いのちをつなぐ未来館」職員で、震災当時釜石東中学校の生徒だった菊池のどかさんと川崎杏樹さんが参加されていました。その中で、菊池さん、川崎さんから印象深いお話しがあったので、本欄に記したいと思います。

 「そもそも、私たちは中学生まで震災を知らなかった。そんな私たちが適切に避難行動ができたのは、それまでの『楽しい防災学習』のおかげ。」
 「避難訓練だけでなく、先人に学ぶ学習や地域学習をはじめ毎日の授業の中に防災の内容が含まれていた。」
 「(学校と地域との繋がりが深く)地域の方々から愛されているから、簡単に死ねないと思えた。」
 「今だと『楽しい防災学習=不謹慎』と見られかねず、そのことで児童生徒の柔軟な考えを狭めてしまわないか心配している。」
 そして、教育全般をとおして防災への意識を「日常化する」ことが大事だと説いていました。

 「いわての復興教育」の教育的価値「いきる・かかわる・そなえる」を導き出した原点となる取組であり、知見であると感じます。震災から10年が経過しますが、地震、津波等自然災害から自他の命を守り抜くための作法をあらためて考える時間となりました。


「防災フォーラム-東日本大震災の脅威くんを未来へ-」チラシ(文部科学省ホームページ)
いのちをつなぐ未来館(うのすまい・トモス)
16:30 | 投票する | 投票数(4) | 今日の出来事
2021/02/19

文芸・短詩部テレビ出演

| by:校長
 文芸・短詩部の生徒が、岩手県の「文学の国いわて2020 文学の国いわて塾」事業に参加しました。岩手にゆかりのある3名の小説家(第1回:阿部暁子氏、第2回:大村友貴美氏、第3回:伊吹有喜氏)に、講演と課題添削をしていただくという内容です。
 テレビ岩手の番組「文学の国いわて」で、参加した高校生の様子が放送される予定です。本校の文芸・短詩部の活動の様子と、第2回に参加した髙橋まみさんのインタビューなどが放映されるとのことです。

◎ テレビ岩手「文学の国いわて」〜うら若き小説家、それぞれの勇気〜
 ・放送日:2月21日(日)16時~ 
18:00 | 投票する | 投票数(3) | 映画・テレビ
2021/02/19

県理数科課題研究発表会

| by:校長
 今日は、県内の理数科設置校4校による「岩手県高等学校理数科課題研究発表会」を、本校がホスト校となりリモート形式で開催しました。各校2本ずつ発表があり、県立総合教育センター等の数学、理科の先生方に審査・講評をお願いしました。
 本校を基地局としたリモート開催は初の試みでしたが、ネットワークも安定して繋がり、発表毎に行われた質疑応答では議論が白熱する場面もあり、この会の目的でもある研究の深まりと、相互交流を果たすことができました。

◎本校の研究発表テーマ(2年理数科)
 ・雲の教材(地学分野)
 ・音で植物の成長を抑制することは出来るのか!~ルッコラスプラウトを用いた実験~(生物分野)


課題研究発表会(生物班)
▽質疑応答の場面(左:質問者用PCを使用/右:画面には各校の質問者)
質問風景
16:15 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
12345