このサイトは

水高の毎日の行事、出来事やニュースをお伝えします。
 
 COUNTER 
 無料 
 無料
 無料



ダイエット
 
水高日記 水高生たちの日々の様子をご紹介します!  (2013年春の日記はこちら 
 

日誌

水高日記
12345
2019/10/18new

1学年PTAについて

| by:校長
本日の1学年PTAには、110名を超える保護者の皆さまにご出席いただきました。お忙しい中、本当にありがとうございました。生徒たちが文武両道に邁進できるよう共にサポートしてまいりましょう。
20:00 | 投票する | 投票数(1) | 報告事項
2019/10/18new

芸術鑑賞会「紙工劇落語」

| by:校長
本日午前に、芸術鑑賞会を開きました。全校生徒が奥州市文化会館Zホールに移動し、落語と紙切り、そして、その二つがコラボする紙工劇落語を鑑賞し、日本の伝統話芸の楽しさを味わいました。
<演目>
(1)落語(桂枝太郎)  (2)紙切り(林家二楽)  (3)落語(桂文治)
(4)紙工劇落語(桂 小南、林家二楽)

出演者のお一人、桂枝太郎さんは奥州市衣川出身で、高校時代の芸術鑑賞会で4代目桂米丸師匠の落語に感動し、落語家を志して故桂歌丸師匠の直弟子となりました。2009年に岩手県出身の落語家として初の真打ちに昇進され、現在、いわて観光大使、奥州大使もお務めです。

【Twitter】三代目 桂枝太郎/◎10.18芸術鑑賞会のツイート
【Twitter】三代目 桂枝太郎
15:30 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2019/10/17new

岩手県高校生文芸コンクール

| by:校長
10月11日(金)に盛岡で開催された文芸祭(表彰式・分科会)において、県高校生文芸コンクールの表彰が行われました。

俳句部門で、千田洋平くんが最優秀賞を受賞。優秀賞の吉田琴美さんが次年度の「全国高等学校総合文化祭高知大会(2020こうち総文)」の出場権を得ました。

また、明日18日(金)から函館市で開催される「第21回北海道・東北文芸大会北海道大会」に、俳句部門優秀賞の佐藤琳利子さん、鈴木萌晏さん、高橋咲さん、同部門優良賞の里舘園子さんが出場し、文芸部誌部門優秀賞の文芸・短詩部「煌16号」が出品となります。

17:15 | 投票する | 投票数(3) | 報告事項
2019/10/16new

校内音楽発表会

| by:校長
「学校へ行こう週間」名物の校内音楽発表会を開催しました。多数のご来場ありがとうございました。
<プログラム>
・三味線演奏「長唄新曲 浦島 後」
・ピアノ独奏「練習曲 奔流(ショパン)」「練習曲 革命(同)」
・ピアノ独奏「ポロネーズ 第6番 英雄(ショパン)」
・ピアノ独奏「ピアノソナタ ニ長調 K.311(モーツァルト)」
・クラシックギター独奏「Asturias ~ 禁じられた遊び」
・合唱「不可思議のポルトレ-与謝野晶子の四つの詩-から 歌はどうして作る(与謝野晶子 詞/信長貴富 曲)」「年下の男の子(千家和也 詞/壺井一歩 曲)」「いのちの名前(覚和歌子 詞/久石譲 曲)」
・木管三重奏「緋色の輪舞(福田洋介)」
・クラリネット四重奏「ガラスの海と都市の情景(Micina)」
・金管五重奏「たなばた(酒井格)」
・フルート独奏「Image Op.38(Bozza)」他
校内音楽発表会の様子

19:00 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2019/10/15new

「学校へ行こう週間」の実施について

| by:校長
本校「学校へ行こう週間」の実施について、保護者及び近隣の中学校へは文書により、市民の皆さまへは「広報おうしゅうお知らせ版 令和元年9月号」によりご案内したところですが、あらためてお知らせします。
本日15日(火)から18日(金)まで、「学校へ行こう週間」として、授業や行事等を公開します。
 15日(火)10:00~15:00
 16日(水)10:00~15:00、校内音楽発表会(音楽室)16:30~18:00
 17日(木)10:00~15:00
 18日(金)13:30~15:00(午前中は校外行事のため、校内の見学はできません)
入口は正面玄関とします。来校の際は正面玄関から入り、受付を済ませてから見学をお願いします。
12:00 | 投票する | 投票数(1) | 連絡事項
2019/10/15new

台風の影響について

| by:校長
台風19号の暴風雨により被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
13日(日)朝の段階で、本校では数本の倒木が確認されています。かねてから、危険木の伐採について進めてきたところですが、これからも安全な教育環境の確保に努めてまいります。
また、校門から玄関、生徒昇降口につながるエリアは、樹木の枝葉が散乱していましたが、その後、理数科3年生や野球部員たちが清掃してくれました。黙々と丁寧に対処してくれました。ありがとうございます。
倒木玄関前の散乱した枝葉
07:30 | 投票する | 投票数(2) | 報告事項
2019/10/11

2学年PTAについて

| by:校長
本日の2学年PTAには、150名を超える保護者の皆さまにご参集いただきました。お忙しい中、ご足労いただき感謝申し上げます。生徒の成長をともに見守り、たくましく育ててまいりましょう。
19:35 | 投票する | 投票数(1) | 今日の出来事
2019/10/11

台風19号接近に伴う対応について

| by:校長
【保護者の皆さまへ】台風19号接近に伴う12日(土)と13日(日)の対応について、水高online「緊急連絡」に掲載しましたのでお知らせします。
14:30 | 投票する | 投票数(2) | 連絡事項
2019/10/11

吉野彰さんの記者会見から

| by:校長
今年のノーベル化学賞が、リチウムイオン電池を開発した吉野彰さん(旭化成名誉フェロー)ら3人に授与されることが発表されました。

現在、リチウムイオン電池はスマートフォン、デジタルカメラ、携帯用音楽プレイヤーなど幅広く電子機器に搭載されています。小型・軽量であることから携帯用IT機器の利便性向上に役立ち、正確な情報を素早く伝達でき、安全性の向上、生産性の向上、生活の質向上に大きな役割を果たしています。電気を動力とする自動車の実用化にも貢献しており、私たちの日常生活に欠かせないアイテムとなっています。

吉野さんはノーベル化学賞決定直後の記者会見で、研究者に必要なものは「一つは頭のやわらかさ、柔軟性。もう一つは執着心、しつこく最後まであきらめないこと」、そして「『柔』と『剛』のバランスをどう取るかが大切」と答えていました。

また、翌朝の情報番組では、
若者へのメッセージを!との問いに、「未知のもの、まだまだ分からないことがたくさんあるので、興味を持ち探究して欲しい。たとえば、深海とか宇宙とか。」と話していました。吉野先生のメッセージは、生徒はもとより大人にも豊かな思考を促してくれる含蓄のある内容と感じます。

12:45 | 投票する | 投票数(1) | ニュース
2019/10/10

SSH講演会(2学年②)秦先生

| by:校長
講演会の後半は、秦先生から「ブラックホール研究のこれから」と題して、今後の研究の様々な可能性について教えていただきました。秦先生は、ご自身の学習歴や研究者経歴を踏まえ「みなさんと同年代の欧米・アジアの学生は『世界の中で将来どう活躍したいか』を考えている」ので、是非「世界に飛び出してみてほしい」と生徒たちにエールを送りました。

秦和弘先生(天文台マダム・VERAに夢中!)
秦和弘先生による講演ブラックホールシャドウの画像

また、生徒たちの質問に対して懇切丁寧な解説をいただきました。さらに、講演会後の3年生2人の突撃面談にも親切に対応していただき、深く感謝申し上げます。
生徒からの質問に解説3年生による突撃面談

18:30 | 投票する | 投票数(1) | 今日の出来事
12345