このサイトは

水高の毎日の行事、出来事やニュースをお伝えします。
 
 COUNTER 
 無料 
 無料
 無料
(2020.2.1 Sat --> 71,600~)
 
水高日記 水高生たちの日々の様子をご紹介します!
 

日誌

水高日記 >> 記事詳細

2020/01/15

スマホ安全教室

| by:校長
 テーマ『スマホは節度を持って使いましょう』

 
学校医の鈴木武敏先生を講師に、1年生対象のスマホ安全教室を実施しました。鈴木先生は、鈴木眼科吉小路・すずめ眼科江刺医院の院長先生で、眼科医の立場からスマホ(スマートフォン)と健康との関わりについて研究し、日本各地の講演会等で啓発活動を展開されています。
 鈴木先生は、長時間のスマホ使用が、目だけでなく、脳や心にまで悪影響を及ぼす事例を挙げながら、学習効果を高め、睡眠の質・量を確保するためには、スマホ使用時間を1日1時間以内にすべきと生徒たちに提言されました。

 これまで情報モラルの側面からのアプローチを進めてきたスマホ使用問題ですが、今回、新たに健康維持・健康被害防止の側面からも、生徒たちが理解を深めることができたことはたいへん有意義でした。

スマホ安全教室講師 鈴木先生

◆講演内容の一部を紹介します。
<目の問題>
 スマホ画面を見続けると、片目で見る癖がつき、
両眼で見る立体視・遠近感の判断ができなくなる。
 → スポーツ中にボールを顔面で受けたり、突き指したりする。空振りが多くなる。
 → 何も無いところで、歩いていてつまずいたり、自転車運転中に転倒したりする。
<目以外の問題>
 スマホ排他バリア :スマホに熱中しすぎて他人を排除する。切れやすくなる。
 情動感染     :負の感情を伴う情報は拡がりやすい。
 学習と睡眠への影響:集中力に欠け成績が下降する。睡眠の質・量が低下する。


15:45 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事